maniera マニエラ

maniera
マニエラ

|


“名脇役でありたい”というコンセプトのもとでクリエイションを行う帽子ブランド「maniera」

“名脇役でありたい”(主役を人間あるいは洋服であるとするならば、たまに主役となれるような存在でありたい)というコンセプトのもとでクリエイションを行う帽子ブランド。過去の手法や技法に敬意を表しつつ、それを現代的な視点で解釈した、上質で洗練された帽子を展開中。決してデザイン本位ではない帽子の本質(被り手の求める付け心地、洋服との相性、普遍的な美)を追求したアイテム、そして絶妙に“かゆいところに手が届く”仕様が特徴的。また日本生産にこだわりを持っており、日本人のサイズに合ったフィッティングもならでは。帽子以外に、ハンドウォーマーなどの雑貨も手掛ける。ブランド名はmaniera(職人・手法)とera(歴史・政治上の)という2つの言葉を掛け合わせた造語。「卓越した技術に裏付けされたクオリティと、新しいことへチャレンジする姿勢」を表している。

BRAND HISTORY

独学で帽子を学び、専門学校卒業後帽子メーカーに勤める。その後、数社帽子メーカーで数々のブランドのデザインを手掛ける。また、数々の大手セレクトショップのOEMを手掛ける。2005年、現社長である中川と「general design」を設立。同年、「MANIERA」を立ち上げ。2009年、「AREINAM」立ち上げ。

栗本 しおり ブログ
林 昭広 ブログ