KURO クロ

【KURO18SS ~MODERNISM IN MILITARY~ Phase Ⅱ】

「KURO」というフィルター 徹底的にこだわり抜かれた<メイド・イン・ジャパン>でモノ 創りをスタートさせます。 世界最高峰と謳われる日本のデニム作り。染色、紡績、縫製、加工...全てのクラフトマ ンシップ ディティールに宿ります。

KURO 常に新しい物を創造、進化、再生し洋服の原点と言われる本来の意味、カル チャー、デザイン、生地、細部にわたる本質を理解するために新しいクリエイションを追 求します。

今シーズンもコレクションテーマに「ミリタリー」を掲げ、KUROらしいミニマルな世界観を表現しています。
U.S. NAVYをモチーフにしたセーラークロス生地を使用したARMY JACKETや、江戸時代中期より「播州織」として栄えた兵庫県西脇地区の生地を使用したテーラードジャケットなど、日本のものづくりを現代ファッションに昇華させたアイテムが揃っています。

KUROの代名詞でもある「デニム」はそのアイテム展開の幅を大きく広げ、「デニムコート」や「カバーオール」に加え、程よくユニセックス感のあるハイウエストパンツ等、本来ワークウェアであるデニムにスタイリッシュさを加えたラインナップになりました。

120 件中 120 件表示 - リセット 件のアイテムを表示中
KURO
を利用したコーディネートが89件
Ivory ニュース

・ KURO ・ GURKHA PANTS ・ イギリスと結びつきの強い、ネパールの山岳民族から構成される戦闘集団、「グルカ兵」が履いていた「グルカパンツ」を基にしたテーパードパンツ。 前から見るとアウトタックのゆったりしたツータック仕様ですが、尻繰りがスッキリしており、シャープな印象を与えます。 生地は、36番双糸を用いて高密度な平織で織り上げています。 シルケット加工をしていない為、粗野感のある色味と少しCAMELがかったようなBEIGEは、本来のGURUKAパンツの色味をイメージしています。 ・ ・ ・ お問い合わせ先 0761-66-1252

Ivory ニュース

・ KURO ・ GURKHA PANTS ・ イギリスと結びつきの強い、ネパールの山岳民族から構成される戦闘集団、「グルカ兵」が履いていた「グルカパンツ」を基にしたテーパードパンツ。 前から見るとアウトタックのゆったりしたツータック仕様ですが、尻繰りがスッキリしており、シャープな印象を与えます。 生地は、36番双糸を用いて高密度な平織で織り上げています。 シルケット加工をしていない為、粗野感のある色味と少しCAMELがかったようなBEIGEは、本来のGURUKAパンツの色味をイメージしています。 ・ ・ ・ お問い合わせ先 0761-66-1252

Ivory ニュース

・ KURO ・ DENIM GURKHA PANTS ・ イギリスと結びつきの強い、ネパールの山岳民族から構成される戦闘集団、 「グルカ兵」が履いていた「グルカパンツ」を基にしたテーパードパンツ。 前から見るとアウトタックのゆったりしたツータック仕様ですが、尻繰り がスッキリしており、シャープな印象を与えます。 ジンバブエコットンを使用した8ozのデニム生地を採用。 着こむ程に生地感はさらに柔らかくなり身体に馴染んでいきます。 リーバイスの大戦モデルのように少量の硫化染も少し入っているので、 ややグリーンがかっている色味も特徴です。 ・ ・ ・ お問い合わせ先 0761-66-1252

Ivory ニュース

・ KURO ・ JOSHUA BASIC SHIRT ・ 身幅を中心に、サイズ感はこれまでのものと比べるとややゆったり目にアップデート。 シャンブレー生地で、INDIGO / BLACKの2色展開。 セルヴィッジ生地を使用し背中にデザインとして見える作りになっています。 カジュアルな素材のシャツながら、こだわりのある襟の座り具合や、縫い目が表に出ない中縫いの胸ポケット、水牛の猫目ボタン等、細かい部分に上品なシャツディティールが散りばめられています。 経糸は細く軽めの生地感で、着込むにつれ経年変化を楽しめるのも特徴です。 ・ ・ ・ お問い合わせ先 0761-66-1252

Ivory ニュース

・ KURO ・ JOSHUA BASIC SHIRT ・ 身幅を中心に、サイズ感はこれまでのものと比べるとややゆったり目にアップデート。 シャンブレー生地で、INDIGO / BLACKの2色展開。 セルヴィッジ生地を使用し背中にデザインとして見える作りになっています。 カジュアルな素材のシャツながら、こだわりのある襟の座り具合や、縫い目が表に出ない中縫いの胸ポケット、水牛の猫目ボタン等、細かい部分に上品なシャツディティールが散りばめられています。 経糸は細く軽めの生地感で、着込むにつれ経年変化を楽しめるのも特徴です。 ・ ・ ・ お問い合わせ先 0761-66-1252

Ivory ニュース

・ KURO ・ 80/- TYPEWRITER ARMY SHIRT ・ 80/-の細番手の糸を、シャトル織機により高密度で織りあげた生地を使用したアーミーシャツ。 シャツ生地の名産地として名高い浜松で生産しています。ドレスシャツの素材感と仕様ですが、細番手の糸を使用しているため洗うと紙のような皺感が入り、程よいカジュアル感が出ます。アイロンをかければ綺麗めに、皺感を活かせばカジュアルに着こなすことが出来ます。 ポケットのマチなど細部の縫製も綺麗に仕上げ、大き目の極消し水牛ボタンも目を引きます。 ・ ・ お問い合わせ先 0761-66-1252

Ivory ニュース

・ KURO ・ 80/- TYPEWRITER ARMY SHIRT ・ 80/-の細番手の糸を、シャトル織機により高密度で織りあげた生地を使用したアーミーシャツ。 シャツ生地の名産地として名高い浜松で生産しています。ドレスシャツの素材感と仕様ですが、細番手の糸を使用しているため洗うと紙のような皺感が入り、程よいカジュアル感が出ます。アイロンをかければ綺麗めに、皺感を活かせばカジュアルに着こなすことが出来ます。 ポケットのマチなど細部の縫製も綺麗に仕上げ、大き目の極消し水牛ボタンも目を引きます。 ・ ・ お問い合わせ先 0761-66-1252

Ivory 新着アイテム
  • 設立年 : 2010
  • 創業/拠点 : 日本
  • デザイナー : 八橋 佑輔
  • オフィシャルサイト : http://kurodenim.com/

世界から注目を集める日本のクラフトマンシップが注がれたデニムブランド「KURO」

2010年春夏シーズンからスタートしたデニムブランド「KURO」。そのブランドネームは、日本語の”黒”を意味します。陰湿、孤独なイメージを与え、また神秘的で威厳があり、強さを表す”黒”。そして、”黒”は私達日本人にとって美しい髪の色をも表現します。それら”黒”から受けたあらゆるインスピレーションは、「KURO」のデニムへと注がれました。紡績や縫製、染色、加工など、デニム作りにおいて世界最高峰と謳われる日本のクラフトマンシップはディテールへ、 ステッチワークという遊びゴコロは流麗なシルエットへと昇華し、スタイリッシュかつ徹底的にこだわり抜かれた「メイド・イン・ジャパン」は、独創的なデザインと圧倒的なコストパフォーマンスをもって1stシーズンを迎え、世界中のバイヤーが集まるPITTI UOMOへの出展を皮切りに世界各国のショールーム、バイヤーから高い評価を受けた。 中でもイタリアの4大セレクトショップのひとつ、Daad Dantone、オーナー自らデニムを手に取り、品質、シルエットを絶賛した事によりイタリア全土へ広まった。 またフランス ParisのPRIMTEMPS、メンズディレクターも興味を示し、来シーズンからの取り扱いを予定している。