junhashimoto ジュンハシモト

138 件中 160 件表示 - リセット 件のアイテムを表示中
junhashimoto
を利用したコーディネートが133件
Ivory ニュース
2017年 10月中旬入荷分! junhashimoto別注 GENTIL BANDIT MM トートバッグMサイズ(ネイビー)

2017年 10月中旬入荷分! junhashimoto別注 GENTIL BANDIT MM トートバッグMサイズ(ネイビー)

junhashimoto ×GENTIL BANDIT やんちゃな遊び心と、洗練されたソリッドな大人を共存させた別注カラー「ダークネイビーカモ」。ジャンティバンティのアイコンとなったオリーブの迷彩柄を深海のようなネイビーから、夜明け前のブルーをグラデーションで表現したジュンハシモト特別カラーになります。 ・ ☆こちらのアイテム納期は2017年 10月中旬〜下旬となります。 ☆当店では一瞬で完売!只今大変人気となっております。今回は追加生産分となりますが、ラスト生産になりますのでお早めにご予約お願いします。 ・ お問い合わせ先 0761-66-1252

Ivory ニュース
17年SSからスタートし「ラグジュアリースポーツウェア」として人気を博したTFW49がアップデート!

17年SSからスタートし「ラグジュアリースポーツウェア」として人気を博したTFW49がアップデート!

・大人の「ラグスポスタイル」 ・縦横に伸縮性のある4WAYストレッチ ・撥水機能 ・日本製 ここぞという時の一張羅ではなく、普段からそばに置いておきたい相棒のような商品には、あらゆるシーンで活躍できるタフさと機能が欲しいところ。 本商品は撥水機能、縦横に伸びるストレッチという機能性だけではなく、通常ポリウレタンで仕上がる商品をポリエステルにて仕上げきじの耐久性を向上し、強度のあるタフなアウターに。 かつマットな生地感は、アウトドアな印象を与えすぎない高級感があるため多くのシーンで活躍するします。キマっているのに余裕を感じる、そんな方にTFW49のアイテムはピッタリです。 ・ お問い合わせ先 0761-66-1252

Ivory ニュース
17年SSからスタートし「ラグジュアリースポーツウェア」として人気を博したTFW49がアップデート!

17年SSからスタートし「ラグジュアリースポーツウェア」として人気を博したTFW49がアップデート!

・大人の「ラグスポスタイル」 ・縦横に伸縮性のある4WAYストレッチ ・撥水機能 ・日本製 ここぞという時の一張羅ではなく、普段からそばに置いておきたい相棒のような商品には、あらゆるシーンで活躍できるタフさと機能が欲しいところ。 本商品は撥水機能、縦横に伸びるストレッチという機能性だけではなく、通常ポリウレタンで仕上がる商品をポリエステルにて仕上げきじの耐久性を向上し、強度のあるタフなアウターに。 かつマットな生地感は、アウトドアな印象を与えすぎない高級感があるため多くのシーンで活躍するします。キマっているのに余裕を感じる、そんな方にTFW49のアイテムはピッタリです。 ・ お問い合わせ先 0761-66-1252

Ivory ニュース
先日、東京からのSPゲスト「junhashimoto 中込さん」がいらっしゃり路地裏撮影をさせて頂きました。

先日、東京からのSPゲスト「junhashimoto 中込さん」がいらっしゃり路地裏撮影をさせて頂きました。

着用はjunhashimoto。さすがの着こなし!素敵です!! ・ これからの2017AW「junhashimoto」の入荷も待ち遠しいですね。 ・ お問い合わせ先 0761-66-1252


BRAND INFO

2008年デザイナー橋本淳により設立。コンセプトは【japanese classico】。イタリアでつちかった美意識を、日本人の「粋」の精神にもとづく細やかな仕事により服を表現する。余分な装飾を取り除き、形貌と機能性に意匠的関心を持たせ、服そのものの美しさによって、外装だけでなく、本人の「実用的な美意識」を引き出すことを目的としている。

junhashimoto Philosophy

“変わらぬもの”と“変わってゆくもの”。そのあわいに立ちのぼる、日本の粋。我が国の文化の本質は、西洋ではアンビバレントと思われるものが共存し、調和していることにある。たとえば、“きびしさ”と“やさしさ”、“かたくなさ”と“しなやかさ”、“変わらぬもの”と”変わってゆくもの”。そう、そのあわいに立ちのぼるものこそが、日本の粋なのである。独創的美意識といえるだろう。ジュンハシモトの精神は、それと分ちがたく結びついている。

BRAND HISTORY

1992年、地元徳島のセレクトショップにてアメリカ古着からヨーロッパのインポート物までを仕入、販売。1996年、レクレルール日本一号店にてバイヤーを務める。2000年、バイイングを通じ親交のあったカルペ ディエム(C DIEM)のデザイナー マウリッツォ・アルティエリに共感し、イタリアに渡る事を決意、単身イタリアに渡る。カルペ ディエムを運営する会社にて初の外国人スタッフとし、営業・企画に携わりながら、服作りを学ぶ。2003年、CARPE DIEM(CDIEM)の代理店を設立するため帰国。2004年、ショールーム「wjk」を設立。秋冬からwjk の名前でオリジナルブランドを展開。2005年、wjk 直営店を表参道に出店、同タイミングで名古屋/大阪にも出店。2006年、wjk 全国に小型FC 展開。2007年、wjkを離脱。2008年、自身のブランド「junhashimoto(ジュンハシモト)」をスタート。2009年秋冬シーズンからジュンハシモト始動。2011年、表参道ヒルズにフラッグシップショップをオープン。